おりものが臭いならコチラの対策で解消

おりものは臭うというのはやや間違った認識で、正常なおりものはほぼ無臭です。
もちろんほぼという言葉があるように、逆に言えば少しは臭います。
ここでおりものの臭いについて説明しますが、臭いが異常な時は要注意です。

 

■普通にはおりものはフェロモン的な臭い
まずは普通のおりもののにおいですが、人によっては無臭だとも言います。
また別に人は、やや甘いような酸っぱい臭いだと言います。
どちらも正しいのですが、強いて言えば少し甘酸っぱいのが多いようで、
これは治癒内に常駐して膣を雑菌から守るデーデルライン桿菌のにおいで、
つまり乳酸菌の臭いなのです。

 

 

■普通でないおりものは異臭がある
一方で普通でないおりもの、すなわち雑菌などが原因でのおりものの臭いは異臭です。
異臭はいろいろな表現がありますが、一般的には生臭いという感じです。
生臭いおりものの場合、おりものの色や量が普通とは異なります。
すなわちおりものの色が白い、黄色いなどで量もふえます。
これは雑菌と戦うデーデルライン桿菌と雑菌の量と臭いです。

 

 

■病気でのおりものも異臭がある
女性の膣の病気は子宮や卵巣も含めるとたくさんあり、なかには臭いのほかに色が変わったり、
膣に痒みを感じる病気があります。
代表的な病気には、膣カンジダ症、トリコモナス膣炎、細菌性膣炎などがあります。
ほかにも性病や子宮の病気などたくさんあります。

 

 

■膣をきれいにし過ぎるとかえって臭いがする
これらとは別に石鹸やビデなどでの膣のトラブルがおりものの臭いになることがあります。
それはたとえば石鹸で膣内を洗うとか、ビデを頻繁に使うと、
善玉菌のデーデルライン桿菌を洗い流してしまうからです。

 

膣を雑菌から守る残玉金が少なくなると、俄然雑菌が有利になり、
膣周辺のカスやアポクリン汗腺からの汗に含まれている脂質やたんぱく質が雑菌の栄養になり、雑菌が増えます。
しかしデーデルライン桿菌が少ないので、雑菌が繁殖しておりものが異臭を発します。